ヘッダをスキップしてナビゲーションへ

ヘッダをスキップして本文へ

社長ご挨拶

夢とくらしと文化をはこぶ

  琉球海運は昭和25年の創立以来半世紀余を経た今日まで、沖縄県民に“夢とくらしと文化をはこぶ”企業として歩んでまいりました。これもひとえに、県民の皆様をはじめ、関係各位のご支援ご指導のたまものと、こころより感謝申し上げます。

  四方を海に囲まれた沖縄は、昔から万国津梁の志のもと、進貢貿易と海外交易の発展に海を利用してきました。当社は21世紀の万国津梁を目指して平成26年6月外国定期航路「九州-沖縄-台湾航路」を開設しました。同年12月には全世界に航路網を有する株式会社商船三井との業務提携により、台湾・高雄を経由地として全世界を結ぶ航路網を実現、今後とも国際航路網の充実に努めてまいります。沖縄県は「沖縄県アジア戦略構想」において、沖縄を日本とアジアの架け橋とする国際物流拠点の形成を目指しております。弊社の国内定期航路、外国定期航路は海上からその実現に向け今後も取り組みを強化してまいります。

  琉球海運では、「船隊整備」を推進するため平成29年に老齢船の代替船として最新鋭のRORO船2隻をほぼ同時に建造いたします。また同時期を目途に「物流施設の拡充」を推進すべく、沖縄県内中城湾港地区に複合機能を備える新たな定温物流センターの開設を計画しております。当社は今後とも地域社会の発展に資するべく、環境保全活動に積極的に取り組むと共に、安全管理体制の強化並びに船舶の安全運航を徹底し、より質の高い物流サービス提供に努めてまいります。
 これからもこれまで同様、皆様のご指導とご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

琉球海運株式会社        
代表取締役社長 宮城 茂