ヘッダをスキップしてナビゲーションへ

ヘッダをスキップして本文へ

安全管理の基本方針

1.わが社の安全方針

基本方針
(1)船舶の運航に係わる業務遂行では安全をすべてに優先する。
(2)海洋および大気の汚染防止に努め、地球環境保全を図る。
(3)関係法令及び諸規則等を遵守する。
(船員法、船舶職員法、船舶安全法、海洋汚染防止法、船員就業規則、船員職務分掌規程等)

2.安全及び環境保全への取組み

(1)安全マネジメント体制を維持し、状況に応じて改善する。
(2)安全管理規程を周知徹底する。
(3)海洋汚染防止と大気汚染防止を周知徹底する。
(4)重大事故及び緊急時対応策の慣熟訓練を行う。
(5)安全と環境保全に関する教育、啓蒙活動を継続して行う。
(6)船舶からのCO2排出および廃棄物の削減に努める。

3.重点施策

(1)ヒヤリ・ハット情報の収集展開と改善活動
1. 本船からのヒヤリ・ハット情報収集の件数増を目指す。
2. ヒヤリ・ハット報告書を回覧、振り分け、分析して報告する。
(2)船舶火災事故の未然防止対策の実施
冷凍コンテナ絶縁不良対策の実行結果と有効性の確認を行う。
(3)傭船の安全対策の強化
船主安全会議の深化を図り、傭船の事故対策を強化する。