企業情報About RKK

社長挨拶

夢とくらしと文化をはこぶ

琉球海運株式会社 
代表取締役社長 宮城 茂

琉球海運株式会社 代表取締役社長 宮城 茂 写真

 私達琉球海運は1950年の創立以来、沖縄のお役に立てるよう“夢とくらしと文化をはこぶ”をモットーとして歩んでまいりました。創立から70年を超えて今日を迎えることができましたのも、ひとえに県民の皆様をはじめ、関係各位のご支援ご指導の賜物と、衷心より感謝申し上げます。

 

 2021年を振り返りますと、引き続き新型コロナウイルスの影響が色濃い1年となりましたが、そのような状況においても、海運業という社会インフラとしての役割を担う存在として、感染予防との両立を図りながら業務に励んで参りました。海上部門では2月に新造船「あやはし」が九州航路に就航し、陸上の物流施設においては、6月より「博多港総合物流センター」が運用開始となりました。

また、本年には豊見城市長堂の旧製糖工場跡地に、来年夏のオープンを目指した「琉球ロジスティクスセンター」の建設が始まります。開業に向け万全を期して準備し、海・陸一体となってより質の高い物流サービスの提供に努めているところです。

 これからも、絶え間なく変化する経営環境をしっかり捉え、これまで培ってきた経験を基礎に、次の100年企業を目指して、誠実に挑戦して参ります。

 今後とも皆様のご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。